バーミーズはどんな猫?性格や特徴など徹底分析【里親情報あり!】

「バーミーズはどこからやってきてどんな過去をもつ猫ちゃんなの?」

「バーミーズの性格や飼うときの注意点は?」

「バーミーズにおすすめのキャットフードは何?」

 

美しい被毛と整った顔立ち、小柄ながらも筋肉質な身体が特徴のバーミーズは古代ビルマ(現在のミャンマー)が原産国の猫ちゃん。

1930年にアメリカのジョゼフ・トンプソン氏がビルマから持ち帰った1頭のメス猫「ウォンマオ」が始まりだと言われています。

1930年から1940年にかけバーミーズの美しい被毛が注目を浴び、一躍大人気に。

ブリーダーたちはバーミーズを増やそうとシャムとの異種交配を繰り返した結果、初期のバーミーズであるウォンマオとは全く違う、ポイント柄のないシャムに似た猫が増えてしまいました。

このように爆発的な人気によって、種が危ぶまれたバーミーズですが、純粋なバーミーズを育てるブリーダーたちの努力の甲斐もあり、1950年代後半には元の美しいバーミーズが広まるようになりました。

バーミーズには、スレンダーでシャムに近い筋肉質なアメリカンバーミーズと身体の丸いヨーロピアンバーミーズの2種類があります。

今回は、そんなバーミーズについてキャットフード安全ガイド.com」が詳しく紹介していきます!

フードコンシェルジュ
美しい被毛とスレンダーで筋肉質な身体を持つバーミーズ。その美しい容姿に多くの人が魅了され、一時期は異種交配で種の存続が危ぶまれた過去をもつ猫ちゃんです。

バーミーズはこんな5つの特徴を持つ猫ちゃん!【体重や大きさ、寿命まとめ!】

バーミーズ,猫の画像
バーミーズはこんな特徴を持つ猫ちゃん!

  • 特徴1:平均体重は3~6kg!!
  • 特徴2:30~40cmまで大きくなる猫ちゃん!
  • 特徴3:平均寿命は13~15歳くらい!
  • 特徴4:特徴4:毛色は黒色とシルバーが一般的!クリーム色の猫ちゃんもいる!
  • 特徴5:家族にするなら30万円くらいの値段が相場!
まずはバーミーズの5つの特徴をご紹介します。

バーミーズを家に迎えたい方は、バーミーズの特徴を把握しておきましょう。

特徴1:平均体重は3~6kg!!

バーミーズは中型猫に分類されており、大人になると雄猫で4.0kg~6.0kg、雌猫で3kg~4.5kgにもなります。

やや小柄なので見た目では分かりにくいのですが、胴体を触ってみると筋肉質でがっちりした体型をしています。

活発でよく運動をするタイプなのですが、中年期以降になると肥満になる猫ちゃんもいるので体重を管理してバーミーズの肥満を予防しましょう。

 

特徴2:30~40cmまで大きくなる猫ちゃん!

バーミーズは、大人になると体長が40cm前後まで大きくなります。

一般的な成猫の体長30~45cmなので、平均的な大きさです。

短毛種で筋肉質な体型から、見た目より小さく見られがちな猫ちゃんです。

なお、手足の長さは体に合った長さで、太っているわけではないのですが、全体的に丸みを帯びているのが特徴的な猫種になっています。

 

特徴3:平均寿命は13~15歳くらい!

バーミーズの平均寿命は、13~15歳くらいです。

一般的な猫の平均寿命が15年なので、平均的な長さになっています。

後ほど詳しく説明しますが、バーミーズは脂質代謝異常という脂質を代謝しにくい体質です。

そのため、運動不足やキャットフードの与え過ぎによって他の猫よりも肥満になりやすくなっています。

バーミーズの肥満は寿命を縮める原因の1つなので気を付けましょう。

 

特徴4:毛色は黒色とシルバーが一般的!クリーム色の猫ちゃんもいる!

バーミーズの毛色は黒やシルバーが一般的で、シャム猫のように薄いポイント柄がある猫ちゃんもいます。

被毛はサテンのような光沢があり艶やか、撫でるとサラサラして心地いいのが特徴です。

シルバーや黒色の他にもクリーム色の被毛をもつバーミーズもいます。

バーミーズは綺麗好きな猫ちゃんでさらに短毛種なので、毎日のブラッシングは不要です。

毛球症予防のため、週1~2回ぐらいブラッシングをすると良いでしょう。

 

特徴5:家族にするなら30万円くらいの値段が相場!

バーミーズを家族として迎えるのであれば、30万円前後の値段がかかります。

バーミーズは日本では珍しい猫種の猫なため、ペットショップの店頭に並ぶことはほとんどありません。

そのため、主な入手先はブリーダーになります。

 

被毛の美しさや柄の有無、両親のキャットショーの成績によって価格は高額になる傾向にあります。

容姿はトンキニーズによく似ていますが、バーミーズのポイント柄が淡いことと丸みを帯びた身体で見分けることができます。

また、バーミーズの瞳の色はゴールドのみとなっているのも大きな特徴です。

フードコンシェルジュ
バーミーズは小柄でありながら筋肉質な身体が特徴の猫ちゃん。成猫以降、肥満になりやすいので注意が必要です。

 

バーミーズはどんな性格の猫ちゃんなの?

バーミーズ,猫の画像

バーミーズは別名「ドック・キャット」と呼ばれるほど飼い主に従順な猫ちゃんです。

飼い主が大好きで甘えん坊ですが、自立心もあるので嫉妬心が少ないため他のペットや小さい子供とも仲良くすることができます。

賢く物覚えもいいので、トイレや爪とぎの場所も教えてあげるとすぐに覚えることができます。

活発で運動量が多い猫ちゃんなので、おもちゃで一緒に遊んであげたりキャットタワーを設置してあげたりすると喜びます。

寂しがり屋な一面があるので、仕事などで長時間家を空けることが多い飼い主さんは、バーミーズが寂しがらないよう多頭飼いを検討することをおすすめします。

フードコンシェルジュ
バーミーズは飼い主に従順で甘えん坊な性格の猫ちゃん。環境適応能力が高く、小さい子供や他のペットとも仲良くすることができます。

 

バーミーズの飼い方は?注意すべきポイントを確認!

バーミーズを飼う時に注意したい点

  • ストレスが溜まらないよう広いスペースのある部屋で飼う
  • 寂しがり屋なのでなるべく1匹にしない
  • 成猫以降は餌の与え過ぎに注意する

バーミーズは人懐っこく甘えん坊な猫のため、小さな子供や多頭飼いをしている家庭でも飼いやすい猫ちゃんです。

短毛種でブラッシングなどの手入れも楽で賢くしつけのしやすい猫種なので、初めて猫を飼う人でも飼いやすい猫ちゃん。

飼い方も一般的な猫と同じような飼い方で問題ありません。

小柄ながら筋肉質な体型のバーミーズは運動量の多い猫ちゃんになります。

運動不足でストレスが溜まらないよう、広いスペースのある部屋で飼うのはもちろんのこと、1日1回10分程度でいいので遊んで一緒にあそんであげましょう。

バーミーズには寂しがり屋な一面もあり、1匹での留守番が長いとストレスが溜まり体調を崩してしまうこともあります。

仕事などでバーミーズが1匹で留守番する時間が長いご家庭は、多頭飼いを検討しましょう。

バーミーズは活発で運動が大好きな猫ちゃんですが、成猫になると餌の与え過ぎで肥満になることもあります。

餌の与え過ぎには注意し、体重管理を徹底しましょう。

フードコンシェルジュ
バーミーズは飼い主に従順で賢い猫種。しつけがしやすく初めて猫を飼う人でも飼いやすい猫ちゃんです。

 

【障害はある?】バーミーズを飼う上で気をつけておきたい病気って?

気をつけておきたい病気

  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)
  • 緑内障
  • 脂質代謝異常
  • 糖尿病

バーミーズはシャム猫と異種交配をした過去を持つことから遺伝性の病気が多い猫ちゃんです。

猫伝染性腹膜炎とは猫腸コロナウイルスが突然変異をして起きる病気です。

この病気にかかると腹膜炎などの激しい症状を引き起こし死に至ります。

発症してしまうと効果的な治療法がなく、対処療法しかできません。

緑内障は予防するのが難しい病気ですが、早期発見・治療で進行を遅らせることができます。

目が飛び出してきている、モノにぶつかるようになったなどの症状が現れたら病院に連れていきましょう。

脂質代謝異常は、脂質の代謝がうまくいかず肥満や糖尿病などの病気になりやすくなる状態のことを言います。

バーミーズは症状は異なりますが、どの猫も脂質の代謝が遅い体質であることが近年の研究で分かってきています。

糖尿病は、バーミーズの脂質代謝異常や肥満から起こりやすい病気です。

進行するとインスリンなど薬物投与が必要になりますが、初期段階では食事療法と運動で症状を抑えることができます。

猫伝染性腹膜炎以外の病気は早期発見・治療により症状を遅らせたり改善することができます。

定期的な検診はもちろんのこと、何か気になることがあればすぐに病院で診てもらうようにしましょう。

フードコンシェルジュ
バーミーズは先天性の病気が多い猫ちゃん。猫伝染性腹膜炎という恐ろしい病気以外は早期発見・治療により症状を抑えることができるので、定期的な検診を忘れないようにしましょう。

 

バーミーズにおすすめなキャットフードは『オリジン』!

オリジンキャットフードの公式キャプチャ
オリジンがバーミーズにおすすめな3つの理由

  • 筋肉を維持するために必要な動物性たんぱく質が40%含有!
  • 美しい艶やかな被毛を保つオメガ3脂肪酸を配合!
  • グレインフリーでアレルギーを予防!

バーミーズは見た目は小柄で全体的に丸っこい身体をしているので、分かりにくいのですが実は筋肉質でがっちりした体型をしています。

筋肉は脂肪を燃焼するため、成猫から肥満になりやすいバーミーズにとって筋肉維持は重要です。

そんなバーミーズには「オリジンキャットフード」がおすすめです!

特にオリジンキャットフードの中でも、「チキン&キティ」のたんぱく質含有量はなんと約40%

良質なキャットフードの動物性たんぱく質は30%前後なので、40%近く入っているオリジンならばバーミーズの筋肉を維持し、脂肪燃焼にも効果を発揮するでしょう。

また、オリジンはグレインフリーなのでアレルギーによる皮膚病や目の病気からバーミーズを守ることができます。

さらにオリジンキャットフードには、バーミーズの艶やかで美しい被毛を保つために必要なオメガ3脂肪酸が配合されています。

これは、美しい被毛を持つバーミーズに是非摂ってもらいたい栄養素の1つです。

当サイトのキャットフードランキングでも上位に位置しており、安全で人気のキャットフードである『オリジン』をぜひチェックしてみて下さい♪

オリジンキャットフードで売上の良いキャットフードランキングTOP5

2018年10月23日
フードコンシェルジュ
バーミーズの筋肉質な体型を維持するにはたんぱく質がかかせません。オリジンには良質なたんぱく質が多く含まれているので、バーミーズの筋肉維持に役立ちます。

 

【小柄で丸っこい身体が特徴的!】バーミーズの可愛らしい動画をSNSからまとめてみた!

バーミーズといえば、艶やかな被毛と丸っこい身体が特徴的な猫ちゃんですよね。

ここでは、バーミーズの可愛い姿を映した動画をいくつかご紹介します。

バーミーズのYouTube(ユーチューブ)の動画

バーミーズのTwitter(ツイッター)の動画

バーミーズのInstagram(インスタグラム)の動画

 

この投稿をInstagramで見る

 

2019年9月中旬♡ 立ってたらスリスリしてきて 何故か独特な距離感で 甘えてくるリオン(´๑•_•๑) よくコテンッて倒れて アピールしてくるんだけど 可愛いなーっていつも思う笑 近付いたり触ろうとすると 7割逃げるけど🤷‍♀️笑 : : : : : : : #こてんってなるとこかわいいんですけど #海外生活 #オランダ移住生活 #アムステルダム生活 #Netherlands #Amsterdam #EmigrationCat #リオン #Rion #バーミーズ #アメリカンバーミーズ #慈悲深い猫 #ねこすたぐらむ #猫のいる暮らし #cat #Burmese #AmericanBurmese #brownBurmese #burmesecat #burmesecatsofinstagram #Myanmar #kitty #kittygram #kittycat #instacat #catstagram #ilovemycat #instagramcats #meow #kat

Rion♀(@lion_uezu)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 今夜も、あばれはぐちゃく。 . #ねこ #ネコ #猫 #neko #にゃんこ #cat #🐈 #バーミーズ #Burmese #はぐ #hagu #ハグ

まゆごろう(@haguhug)がシェアした投稿 –

フードコンシェルジュ
艶やかな美しい被毛に丸っこい身体、そしてゴールドの瞳が特徴的なバーミーズ。飼い主に甘えたり、潤んだ瞳で見つめたりしている動画を観ると思わず抱きしめたくなります。

 

バーミーズと他の猫ちゃんの違いを比較表にまとめてみた!

猫の種類バーミーズシャムアメリカンショートヘア
性格従順で甘えん坊警戒心が強く気難しい性格賢くクール
大きさ30~40cm25~30cm30~60cm
体重3~6㎏2.5㎏~5kg4~7kg
主な毛色シルバー、黒色クリーム色シルバー
寿命13~15年10~13年10~13年
相場30万円10~20万円10~20万円
人気度★★★★☆★★★★☆★★★★☆

短毛種のシャム、アメリカンショートヘアとバーミーズを比較してみました。

3種は全て中型の短毛種なのですが、大きさや体重には違いがあります。

3種の中ではバーミーズは平均的な大きさになるようですね。

日本ではまだ珍しい猫種のバーミーズはペットショップなどで販売されていないことから、他の2種に比べると値段が高額になっています。

3種はいずれも先天性の病気が他の猫に比べて多い猫ちゃんですが、比較するとバーミーズはその中でも長生きの部類に入るようです。

いずれも同じような体型をしていますが、ゴールドの瞳と丸っこい愛らしい身体、美しい被毛を持つのはバーミーズ以外にはいません。

フードコンシェルジュ
日本では珍しい猫種のバーミーズ。他の猫種と間違えられそうな容姿ですが、ゴールドの瞳と美しい被毛はバーミーズだけの特徴です。

まとめ

バーミーズ,猫の画像
まとめ

  • 古代ビルマからやってきた美しい猫「ウォンマオ」がバーミーズの始まり
  • 人懐っこく甘えん坊な性格で別名「ドックキャット」とも呼ばれている
  • 綺麗好きで短毛種なのでブラッシングは1週間に1~2回でOK
  • 運動不足になるとストレスが溜まるので、広いスペースで飼うのがおすすめ
  • 脂質を代謝しにくい体質なので肥満に要注意

バーミーズはビルマ(現在のミャンマー)が原産国の猫種で、丸っこい小柄な体とゴールドの瞳そして美しい艶やかな被毛が特徴の猫ちゃんです。

飼い主に従順で人懐っこく、環境適応能力が抜群なので小さい子供や他のペットがいる家庭でも飼うことができます。

また、綺麗好きで短毛種なので長毛種のように毎日のブラッシングは必要なく、1週間に1~2回で美しい被毛を保てます。

運動が大好きで、遊べないとストレスが溜まってしまうので思いっきり走れるような広いスペースで飼うのがおすすめです。

キャットタワーなどを設置するのも良いでしょう。

バーミーズは脂質を代謝しにくい体質(脂質代謝異常)のため、運動量が少なかったり食べ過ぎたりすると肥満になりやすくなります。

バーミーズと長く一緒に過すためにも低カロリーなキャットフードと体重管理を行い健康をサポートしましょう。

 

バーミーズの里親情報!【無料で譲り受けることもできます!】

里親情報のあるサイト名公式URL
ペットのおうちhttps://www.pet-home.jp/

 


スコティッシュフォールドはどんな猫?性格や大きさなどを詳しく解説

2019年8月22日

ソマリはどんな猫?大きさや性格、里親情報まで徹底解説【鳴き声が綺麗】

2019年8月22日

ブリティッシュショートヘアはどんな猫?性格や体重など徹底分析【里親情報あり!】

2020年1月14日

バーマンはどんな猫?性格や大きさなど徹底分析【里親情報あり!】

2020年1月13日

エキゾチックショートヘアはどんな猫なのか性格や大きさなどを徹底解説!

2019年7月17日

 

【安全で安い!】キャットフード口コミ評判ランキング

安全でコスパの良いキャットフードの画像

お得に試せるキャットフード2選!

キャットフードレガリエの公式キャプチャ

↓↓↓参考になったらシェア!

ピュリナワンの公式ホームページ

世界No.1の人気を誇るキャットフード ブランド「ピュリナワン」。

安全性はもちろん、低価格でありながら容量が多く、また味のバリエーションが豊富なため日本でもたくさんの人に愛されています。

現在、『最大3000円分が無料になる特典』を実施しており、よりお得に購入することができます。