【生肉使用】キャットフード『ブルー(BLUE)』の口コミ評判まとめ


「キャットフードのブルー(BLUE)って安全?」

「食いつきや副作用は?」

「ブルー(BLUE)について詳しく教えて!」

 

人気のキャットフードの1つにブルー(BLUE)がありますが、実際のところ安全性や食いつきはどうなのでしょうか?

今回は、口コミや評判も入れてブルー(BLUE)について詳しく紹介していきます♪

フードコンシェルジュ
みなさん、今回はブルーについてまとめていきますよ〜♪リコール問題もありましたが本当はどうなのでしょうか?しっかりとチェックしていきましょう!

キャットフード『ブルー(BLUE)』の概要と他のキャットフードと比較してみた

キャットフード名ブルーファインペッツ ジャガーキャットフード
キャンペーン特になし初回お試し価格1,000円・3kg以上購入で送料無料定期便利用で毎月最大20%OFF・10,000円以上の購入で送料/代引き手数料無料
値段(税抜き)1,058円〜初回限定価格1,000円(通常価格3,704円)20%OFF価格3,424円(通常価格4,280円)
内容量400g~1.5kg 1.5kg
1回の給餌量42~66g30~48g 35~50g
kcal/
100g
375kcal427kcal 383kcal
お試しの有無
匂い
賞味期限・保存方法製造日から12ヶ月 (開封後できるだけ早めに)・常温(冷蔵NG)製造日から12ヶ月 (開封後できるだけ早めに)・常温(冷蔵NG)製造日から12ヶ月(開封後約1ヶ月)・密閉し、涼しい場所での保管。
対象猫子猫/成猫/シニア猫子猫/成猫/シニア猫子猫/成猫/シニア猫
原産国アメリカオランダイギリス
オススメ度 ★★★☆ ★★★★☆★★★

ブルー(BLUE)はアメリカのブルーバッファロー社で作られたキャットフードです。

大切な家族の食事を考えるをコンセプトにし、自然素材にこだわっているのが特徴です。

「高品質の生肉」を使用し、鶏や家禽の副産物ミール、コーン、小麦、大豆は使用していません。

酸化防止剤は使用していますが、自然派のものにこだわりを持って作られています。

フードコンシェルジュ
ブルーはねこちゃんのことを考えられて作られています!アレルギーになりやすい小麦や大豆を使用していないので安全です♪

 

キャットフード『ブルー(BLUE)』の種類を確認しておこう

商品名ウィルダネスバッファローナチュラル
商品画像
910gの価格2,463円〜(税込)
2.0kgの価格3,941円〜(税込)
2.71kgの価格5,271円〜(税込)

※ナチュラルは現在販売されていません

ブルーには主に3タイプのキャットフードがあります。

ウィルダネスは、低タンパク・高たんぱく質・穀物不使用のキャットフードです。主に健康なねこちゃんに対して与える用となっています。

バッファローは、高品質な動物性タンパク質を豊富に使い、主に骨抜き鶏肉を使用しています。栄養価の高い全粒穀物や野菜が含まれているため本体の免疫力の維持をサポートします。

ナチュラルは正式に「BLUE Natural Veterinary Diet」で獣医師が開発した療法食です。消化器サポート、体重&尿路ケア、腎臓&関節サポートなどねこちゃんの健康をサポートする上で重要なキャットフードです。

それぞれ目的や成分などが違ってくるのでねこちゃんに合わせて買ってあげるようにしましょう♪

フードコンシェルジュ
ブルーは下の写真のように販売終了の種類も出てきているため、はっきりとどの種類が現在あるとは言い切れません。興味がある飼い主さんはこの3タイプのキャットフードがどんな特徴があるのか、現在は販売しているのか?ということについて改めて確認してみてください♪

 

キャットフード『ブルー(BLUE)』が選ばれる理由・特徴とは?

ブルー(BLUE)が選ばれる理由

  1. 栄養へのこだわり
  2. 健康をサポートするライフソースビッツ
  3. 粒へのこだわり

続いて、ブルー(BLUE)が選ばれる理由について3つ紹介していきます!

しっかりと確認して、購入の判断材料にしてみましょう♪

選ばれる理由1:栄養へのこだわり

ブルーは高品質の自然な食材をバランスよく配合して作られています。

特に、ねこちゃんの成長にとって脂肪、たんぱく質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラル、水というのは欠かせません。

こうした栄養素をどこから抽出しているのかや原材料の品質にこだわって作られています。

 

選ばれる理由2:健康をサポートするライフソースビッツ

ブルーのドライタイプのキャットフードにはライフソースビッツという焦げ茶色の小さな粒が入っています。

このライフソースビッツには、抗酸化栄養素、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているため健康でいるためにはとても重要な役割を果たしています。

また、ライフソースビッツは猫本来の免疫力をサポートする原材料が含まれており、摂取することで健康な皮膚や被毛を保つことにも繋がります。

 

選ばれる理由3:粒へのこだわり

ブルーはねこちゃんが食べやすいように粒へのこだわりも徹底してます。

小粒なので子猫やシニア猫でもこぼしたりすることなく残さずに食べてくれます。

顎が弱いねこちゃんにも安心して与えることができます!

フードコンシェルジュ
ねこちゃんが元気で食べやすいように作られているんですね♪

 

【食べない??】キャットフード『ブルー(BLUE)』に関する口コミ・評判をまとめてみた

ブルー(BLUE)に関する口コミ

  1. 実際の口コミ
  2. Twitter(ツイッター)の口コミ
  3. Instagram(インスタグラム)の口コミ
  4. Yahoo!知恵袋の口コミ
  5. YouTube(ユーチューブ)の口コミ

次に、ブルー(BLUE)に関する口コミや評判をたくさんまとめてみました!

実際に利用している飼い主さんの声をしっかりと確認しておきましょう♪

実際の口コミ

女性の口コミ

なんかうちの子には合わないみたいで全然食べてくれないです…

男性の口コミ

栄養バランスが良いキャットフードと聞いて試してみたのですが、子猫でも問題なく食べてくれました。

女性の口コミ

.リコール問題で正直どうかなと思ってたけど普通に食べてくれたので安心しました。

Twitter(ツイッター)の口コミ

Instagram(インスタグラム)の口コミ

出張中ですが、メイは実家で元気とのこと。昨夜は家中でやんちゃし、犬たちをも凌駕するやんちゃぶり(笑) そんなお転婆すぎるメイですが、実は先月に避妊手術をしました(´∀`)なのでご飯はブルーバッファローの子猫用から、同じくブルーバッファローの体重管理用にチェンジ! 粒の色が違うようです。 避妊して食欲が増え、メイは最近毎日完食です(´∀`) いいこ! #アメショミックス #ねこ #にゃんすたぐらむ #instacat #ねこ部 #猫のいる暮らし #猫のいる生活 #猫のいる幸せ#猫フード #キャットフード #ブルーバッファロー #うちのメイちゃん成長記

アヤカさん(@m04e06i03)がシェアした投稿 –

Yahoo!知恵袋の口コミ

【質問】
ブルーバッファローのキャットフードを
試したことがある方はいますか?

400gで1500円くらいで原材料もそこそこ良さげですが、
なんせあまり見かけません。(実店舗で1件しか知らない)

粒の大きさ、味、ニオイ、食いつきなど、教えてください。

【回答】
私の住む地域のペットショップ(アミーゴ)に先月から置いてあり、『食べなかったら全額返金』とポップが貼ってありました。
友人が試しに買ったそうで、小粒で食いつきはよかったと話してました。もう少し安く購入したように聞いたようなσ( ̄^ ̄)?

ただ、この会社は訴えられたりと色々あったので、私はちょっとまだ信頼出来ずにいます。

副産物ゼロでグレインフリーといいながら大量に使用していたとか色々・・表示違反や大量の薬品混入などでリコール騒ぎを起こしたり。

日本でも以前販売されていましたが日本から撤退し、再上陸したメーカーだから・・・。

新しもの好きの実家母が購入しようとしたのですが、当分は様子見し評判確認してから買うようにと言いました。

引用:Yahoo!知恵袋

YouTube(ユーチューブ)の口コミ

ブルーバッファローの口コミを総合的に評価すると正直良いキャットフードとは感じていない飼い主さんも多いようです。

よく食べるねこちゃんももちろんいるようですが、食いつきが悪く残してしまう場合が多い口コミが多いです。

また、ブルーバッファロー社は過去にアメリカで消費者から訴訟を起こされたということもあり、信用性の面で不安視している飼い主さんもいることが見受けられます。

 

キャットフード『ブルー(BLUE)』を購入する上でのメリット・デメリット

ブルーがどんなキャットフードかについて紹介してきました。

次に、ブルー(BLUE)のメリット・デメリットについて確認していきましょう!

ブルー(BLUE)のメリット

  • 栄養バランスが良い
  • 健康をサポートするライフソースビッツを使用
  • 1粒1粒のサイズがちょうど良い
フードコンシェルジュ
何と言ってもライフソースビッツが素晴らしいですね!アレルギーにもなりにくいので安心です♪

ブルー(BLUE)のデメリット

  • カロリーが全体的に高め
  • コスパが悪い
  • リコール問題での安全性の疑問視
フードコンシェルジュ
リコール問題の件は実際はまだどうなのかよくわからないですよね…。コスパもよくないのは飼い主さんにとってはちょっと痛いですね。。

 

キャットフード『ブルー(BLUE)』を通販で購入するならどこがおすすめ?

販売店公式サイトAmazon

 楽天

通常価格(税抜き)3,941円
ー3,942円
(3,650円)
割引価格
容量2kg2kg

どこで購入できるかについてもまとめてみました。

結論としてはAmazon楽天のどちらかで購入することをオススメします。

公式ページからは取扱店舗を検索することができますが、通販として直接購入はできません。

amazonと楽天はどちらも送料無料なので無駄な心配をかけずに簡単に購入することができます。

フードコンシェルジュ
Amazonと楽天はどちらの方が良いということはないので飼い主さんのお好きな方で購入すれば大丈夫ですよ♪

 

【チェック要】キャットフード『ブルー(BLUE)』を与えることで生じる副作用の可能性は?

症状吐く軟便尿路結石膀胱炎腎臓下痢
副作用の可能性

副作用についてもまとめてみました。

結論としては、特に副作用は心配する必要はありません。

Amazonの口コミをみても便の調子がよくなったとか、毛玉ケアの面でもよかったというプラスの感想が多かったため問題なく与えられます。

また、ブルーは栄養面でも優れているため、安心して与えることができます。

フードコンシェルジュ
副作用がないのはもちろんのこと、むしろお腹の調子がよくなったであるとか、毛艶がよくなったという肯定的な感想が多く寄せられていました♪

 

キャットフード安全ガイド.comからの評価

総合評価7.4/10.0
人気度世界的に広く知られているキャットフードであるため人気はある。
安全性・健康面栄養バランスが優れていて、ライフソースビッツを使用しねこちゃんの健康をサポートする。
食いつき口コミを見てもあまりよくないレビューが多い。
キャットフードの質粒の大きさにもこだわりがあり、質としては高い。
コスパ価格がやや高めで決してコスパが良いとは言えない。
フードコンシェルジュ
キャットフード安全ガイド.comがキャットフードブルーの評価を総合的にまとめてみました。ブルー(BLUE)の総合的な評価はあまり高いとは言えません。キャットフードの質や安全性は高いですが、食いつきに関する口コミが食べてくれないといった感想が多く見受けられます。また、価格もやや高いためコスパもそれほど良いというわけではありません。ただし、栄養バランスは素晴らしく、ライフソースビッツによりねこちゃんが元気でいられるサポートもきちんとしているためそこまで悪いキャットフードではありません!

 

まとめ

ブルー(BLUE)は…

  • 『大切な家族の食事を考える』をコンセプトに栄養面に優れたキャットフード
  • 1粒の大きさがちょうどよく食べやすい
  • リコール問題が過去にあり安全性に疑問視の声もある
  • 総合的な評価はまずまず
  • 購入するなら『Amazon』か『楽天』

リコールの問題があったブルー(BLUE)ですが、安全性では特に問題はないでしょう。

コスパが多少かかりますが、ねこちゃんが食べやすい工夫がされているキャットフードですので興味を持った飼い主さんはぜひ試してみてはいかがでしょうか。


【良心】FINEPET’S(ファインペッツ)の口コミ評判まとめ

2018年7月15日

【安全重視!!】安く健康維持できるコスパの良いキャットフードランキング

2020年11月1日

【日本×イギリス】キャットフードグランツ真実の口コミ評判まとめ

2020年11月2日

世界一の品質を追求したレガリエキャットフード真実の口コミと評判!

2020年11月1日

 

【安全で安い!】キャットフード口コミ評判ランキング

安全でコスパの良いキャットフードの画像

お得に試せるキャットフード2選!

キャットフードレガリエの公式キャプチャ

↓↓↓参考になったらシェア!

ピュリナワンの公式ホームページ

世界No.1の人気を誇るキャットフード ブランド「ピュリナワン」。

安全性はもちろん、低価格でありながら容量が多く、また味のバリエーションが豊富なため日本でもたくさんの人に愛されています。

現在、『最大3000円分が無料になる特典』を実施しており、よりお得に購入することができます。