キャットフードに入っていてはいけない危険な原材料をまとめてみた!

穀物を食べている猫

 

「キャットフードに入ってるとよくない原材料は?」

「安いキャットフードに使用されている原材料って安全なの?」

「危険な原材料が一切入っていないキャットフードを教えて!」

 

キャットフードを購入する際に特に気になるポイントとして”原材料に何が使われているか”ということだと思います。

今回は、そんなキャットフードに使用されている原材料で危険なものや、そうしたねこちゃんの健康を害するような原材料が一切入っていないキャットフードについて紹介していきます!

フードコンシェルジュ
ねこちゃん毎日体内に入るキャットフードは特に原材料に気をつける必要があります。今回は危険な原材料について詳しく説明し、危険なものが一切使われていないキャットフードについても説明していくのでしっかりと確認していきましょう〜♪

キャットフードには”危険な原材料”がカサ増しのために配合されている場合がある!

何かを探している猫

ねこちゃんに毎日与えるキャットフードですが、価格や人気だけではなく原材料に注目したことはありますでしょうか?

キャットフードに含まれている原材料には良いものもあればねこちゃんの健康によくない危険な原材料が配合されている場合があります。

危険な原材料とはいってもどういうものかというと、多くの場合はキャットフードの容量をカサ増しするためのものです。

大きなくくりでいうと、良いキャットフードはこのようなカサ増ししている原材料がなく(少なく)、悪いキャットフードはカサ増ししている原材料が多いということができます。

こうした危険な原材料が配合されているキャットフードを選ばないよう、飼い主さんが購入前にきちんと確認してあげることが大切です。

フードコンシェルジュ
安くて容量の多いキャットフードを選んだあとに、原材料を確認してからカサ増しされていたものばっかりということになっては遅いです!ねこちゃんはキャットフードを選べないので、飼い主さんがしっかりと危険な原材料が使用されていないかどうかの確認をしてあげましょう♪

 

キャットフードに混入している危険な原材料を全てまとめてみた!

危険な原材料どんな原材料か危険度
4Dミート肉(畜産)副産物
肉骨粉(パウダー)
家禽ミール
ミートミール
フィッシュミール
動物性油脂
加水タンパク質
穀物とうもろこし
小麦
酸化防止剤BHT
BHA
エトキシキン
没食子酸プロピル
香料・着色料青色1号
赤色2号
赤色102号
黄色4号
黄色5号

4Dミート

危険な原材料の中でよく“4Dミート”という言葉を聞いたことはないでしょうか?

実はこの4Dミートがキャットフードの中でも特に危険な原材料とされているのです。

そもそも4Dとはそれぞれどういう意味かというと以下の通りです。

4Dミート

  1. Dead→死んでしまった(肉)
  2. Dying→死にかけの(肉)
  3. Diseased→病気の(肉)
  4. Disabled→障害のある(肉)

4Dミートは、アメリカで肉において最低水準とし米国食品医薬品局がその危険性を示唆しています。

では4Dミートはどんな原材料の中に含まれているかというと、先ほど紹介した家禽ミール、チキンミール、フィッシュミールなどのミールに含有されている可能性が考えられます。

ただ、これはあくまでも可能性であって原材料にミールと記載されているキャットフードの全てに4Dミートが使用されているわけではないのでなんとも難しいです。

また、肉副産物と記載されている中にも含まれている可能性があります。

結論として、このような記載にあるキャットフードには4Dミールが含まれている可能性があるので購入する際には避けるべきです。

 

穀物

人間は普通に食事として摂取する穀物ですが、キャットフードの原材料として含まれることに関しては決して良いとは言えません。

なぜなら、ねこちゃんは人間と違い完全な肉食動物だからです。

そのため、そもそも穀物を消化する働きが苦手で栄養としても健康維持に貢献するものとは言えないのです。

また、穀物を与えるとねこちゃんが食物アレルギーを起こしやすくなってしまいます。アレルギー反応が出ると、下痢や嘔吐、発熱など様々な症状が引き起こされてしまいます。

対策としてはシンプルで、グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを与えるようにしましょう。

 

酸化防止剤

キャットフードに使用されている酸化防止剤は全部が全部悪い訳ではありませんが、上で紹介したものはとりわけねこちゃんの健康を害する原材料と言えます。

では同じ酸化防止剤でも何なら良くて何が悪いのかというと、天然由来か人工物かどうかです。

BHT、BHA、エトキシキン、没食子酸プロピルは全て人工酸化防止剤であり非常に危険です。

この人工酸化防止剤を摂取させ続けると、ガンや遺伝子の突然変異などが引き起こされてしまう可能性が高まってしまいます。

キャットフードを長持ちさせるためにはある程度必要な原材料ではありますが、ねこちゃんの健康のことを考えて天然由来のものだけしか使用されていないものにするようにしましょう。

 

香料・着色料

香料や着色料も危険な原材料です。

そもそも香料や着色料はキャットフードの見栄えをよくしたり香りを人工的につけるもので本来であれば特別必要なものではありません。

しかし、安いキャットフードを使用しているこということは肉や魚といった主原材料の質が低くありのままではなかなか食べてくれないから使用しているとも考えることができます。

香料や着色料を与え続けるとガンになったりアレルギーになる可能性が高くなってしまいます。

飼い主さんが美味しそうと感じても実は香料や着色料が使われているだけで、ねこちゃんにとっては健康によくないなんてこともあります。

そうなっては本末転倒なので、原材料に香料・着色料が含まれていないか確認を怠らないようにしましょう。

フードコンシェルジュ
ここで取り上げた原材料はねこちゃんの健康にとって危険なものばかりです。キャットフードの原材料表記をみてこれらが使用されているならば避けてあげるべきです!

 

【確認】危険な原材料はコストを抑えて作られている『安いキャットフード』に多く含まれている傾向がある…!

何か見上げている猫

ここまでキャットフードに含まれるいろいろな原材料について確認してきました。

では危険な原材料が多く含まれているキャットフードはどうやって確認すればいいのでしょうか?

それは、絶対ではありませんが傾向として“安いキャットフード”に含まれている場合が多いです。

なぜなら、安いキャットフードはカサ増ししている原材料が多いためそのぶんコストを抑えて提供できているからです。

これまで安いという理由だけでキャットフードを選んできた方は、こうしたねこちゃんに危険な原材料が含まれている可能性が高いので今後はしっかりと確認するようにしましょう。

逆に、価格が高いというだけでカサ増しした原材料が含まれていないというわけではないので注意が必要です。

安いキャットフードと同様、あくまで危険な原材料が含まれている可能性が少ないだけです。

価格が高いプレミアムキャットフードでも安心せず、実際に危険な原材料が含まれていないかどうかの確認をしてから確認するようにしましょう!

フードコンシェルジュ
安いキャットフードが絶対だめというわけではありません。ただあくまでも危険な原材料が含まれている可能性が高いためきちんと確認して安全かどうか見極める必要があります。

 

危険な原材料が一切入っていないキャットフードは”オリジンキャットフード”!

オリジンキャットフードの公式ホームページ

ここまでキャットフードに含まれる危険な原材料を確認してきました。

ではどんなキャットフードが危険な原材料が含まれていないのかというと“オリジンキャットフード”です。

オリジンキャットフードはプレミアムキャットフードの1つで、新鮮な地元産の原材料を使用し上質で高タンパクであることが特徴です。

また、グレインフリーでとうもろこしや小麦、米などの穀物も一切含まれていません。

主原材料の種類もチキン、フィッシュなど豊富なラインナップであり、肥満対策用フードなどねこちゃんの健康に気を使っているため安全なキャットフードです。

フードコンシェルジュ
オリジンキャットフードは危険な原材料が含まれていないのはもちろん、魚好きやチキン好きなどねこちゃんの嗜好に合わせた様々なフードを取り揃えています!また、肉食動物のねこちゃんに必要なタンパク質も豊富に含まれているため健康をサポートするキャットフードとしてはとても優れていますよ♪
オリジンキャットフードの公式サイト

オリジンキャットフードが本当に安全なのか成分と原材料をもとに解説!

2018年10月23日

まとめ

渋い猫

今回はキャットフードに含まれている可能性のある危険な原材料について説明してきました。

  • 安いキャットフードにはちゃんとした栄養ではなくカサ増しとしての原材料もある
  • ミールには4Dミートという死んでいたり障害のある肉を使っている可能性もある
  • 安いキャットフードには危険な原材料が含まれている可能性が高い
  • キャットフードを選ぶ際にはしっかりと原材料に注意してねこちゃんの健康を守ってあげることが大切
  • 危険な原材料が全く含まれていないキャットフードは”オリジンキャットフード”

キャットフードを購入する際には価格や人気という理由だけでなく、しっかりと原材料にも気を配りねこちゃんの体に悪いものを与えないように飼い主さんがちゃんとサポートしてあげましょう!


【病気の可能性は?】コンビニで販売しているキャットフードは大丈夫?

2020年11月1日

 

【安全で安い!】キャットフード口コミ評判ランキング

安全でコスパの良いキャットフードの画像

お得に試せるキャットフード2選!

キャットフードレガリエの公式キャプチャ

↓↓↓参考になったらシェア!

ピュリナワンの公式ホームページ

世界No.1の人気を誇るキャットフード ブランド「ピュリナワン」。

安全性はもちろん、低価格でありながら容量が多く、また味のバリエーションが豊富なため日本でもたくさんの人に愛されています。

現在、『最大3000円分が無料になる特典』を実施しており、よりお得に購入することができます。